40才で晩婚。今は幸せです。

結婚して早18年。40歳になって結婚した。

当時でも晩婚で結婚する時皆から冷やかされた。

30歳まで色々あり、貯金が全くなかった。

そこから貯金をし始めた。

結婚式を挙げるだけのゆとりができると、可笑しなものでもてなかった自分に彼女が出来た。

結婚するにあたり、なにが必要かリストに挙げてみた。

1)相手の両親の同意
2)自分の母親に連絡
3)二人で結婚式場の下見
4)結婚後の住むところ・必要な家具電化製品の調達
5)貯金通帳等の公的なものを一つにまとめる。

まださまざまなことがあったが一番時間がかかったのは、引っ越しだった。

色々整理をしていると、懐かしくなって手を止めてしまう。

仕事をしながら空いている時を利用して行っていたのでなかなか進まない。

焦る自分と幸せをかみしめて楽しんでいるのがわかる。

1ヶ月位に迫っているときが一番楽しかった。

もうすぐなる妻とあいさつ回りをしていると、大変だなって思えるようになってきた。このまま逃げたいとさえ思えた。

ちょうど仕事も忙しくなっていた時でもあり、一日100時間あっても足りないと思えた。

実際そのころは一日2時間位しか寝ていなかった。

芸能人が多忙な時一日1時間位しか寝る時間がなかったと言っていたが、まさか自分がと思った。

でも、その時の体力・精力は凄いものである。

寝る時間を割いてでも彼女と逢うホテルに行く時間を作っていた。こうして結婚した。今は、幸せである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です