年下の彼氏との関係がマンネリになった時に年下の娘が現れた

年下の彼氏との関係がマンネリになった時に年下の娘が現れた

私は現在39歳、長崎在住の介護士。

副業で恋愛系の記事を書いています。

今現在、父・母・弟・私の4人暮らし、妹は県内ではありますが離れて一人暮らし中です。

特に結婚願望もなく今現在でも独身な私ですが、若いころ経験した今でも忘れられない苦い思い出があります。

私は18~20歳まで佐世保市内のファミリーマートでアルバイトをしていましたが、20歳になった頃、そろそろ本腰を入れ転職活動をした結果、地元企業に職を得ました。

その後もそのコンビニへ遊びに行っていたのですが、そこで真一と出会いました。

当時私が21歳、彼が19歳。

私にとっては初めての年下の彼氏でしたが、常に冷静で落ち着いた性格な人だったので、誰から見ても私より年上に見えましたが、若い男の子にありがちな、だらしなさもあり、いつも彼の実家に私が迎えに行き、そのままデートに出かけていました。

その頃にはすっかり彼に依存していて、彼の言う通りにお迎えにも参上していましたし、できる限り彼の言いなりに行動し、嫌われないように努めていました。

それなりに順調に進んでいたと思っていた私たちに変化が起きたのは、付き合い始めて1年3ヶ月程度経った頃。

9月のある日、彼から「職場にいる年下の女の子に告白された」そう告げられたのです。

その時私は「ふぅんそう」としか言わず、当然の事ながら自分が選ばれるとしか思っていませんでした。

ところがその後、彼が妙に優しくなり、私の好きなキャラクターをUFOキャッチャーで取って来てくれたりと、今思えば彼らしくない振る舞いが増えていったのです。

そして10月・・・今まで彼が言い続けていた「将来は何か大きな事をしたい」そのために地元を離れる。

そんな建前から別れ話に発展し、ポッキーの日を翌日に控えた11月10日にお別れしました。

今思えば妙に優しくなった頃にはすでに、彼の心は告白してきた職場の女の子に移っていたのだろうと思います。

一目ぼれや、心が完全に相手から離れていない限り、今付き合っている彼女を急に振るような事はなく、マンネリも手伝い、少しづつ心が離れていくのだと、この時の経験で実感しました。

私は自分に自信がないタイプで、彼から嫌われないように、何でもいいなりでしたし、めったに反対することもなく、従順になろうとしていました。

彼は今まで年上としか付き合ったことがないのに、年下の子にひかれたのはすでに私との関係に飽きていたか、彼女との精神的(もしくは肉体的)な相性がよかったのか・・・。

今となっては確認しようもありません。

彼と私は趣味や価値観・フィーリングは今までの彼氏の中では一番だったのに、こんな結果になったのは、やはりマンネリや馴れ合いが命取りになったのでしょう。

恋愛を少しでも長続きさせたいなら、常に刺激的な関係でいるのが一番!

ただな何となくふたりの時間を過ごさぬよう、注意することが必要です。

author: s.t (39yo female)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です